部下のコンプライアンス 独占配信

thum.jpg
作品情報
作品詳細

部下と会社を守るコンプライアンス

企業内の不祥事を無くすための、管理職及び社員向けコンプライアンス書籍です。管理職が気づかないまま、社員のコンプライアンス違反が進行している場合が多々あります。
管理職として、知っておくべきコンプライアンスをさまざまな項目からチェックでき、部下指導の役に立つ1冊です。
社員の皆様もコンプライアンスの意味やどんな行動が問題となるかを具体的に解説しております。
管理職も社員もコンプライアンス意識を高める1冊です。

ご購入はこちら

分かっているようで分からないコンプライアンス。コンプライアンス違反が社会的問題に発展しているニュースも日常的になってきています。ニュースにならない違反は数知れず存在していることでしょう。

「しまった」では遅いのです。部下はいつの間にか法を犯していることもあるのです。気が付いた時は遅いのです。

管理職の重要な業務は、部下に不正を起こさせないことです。そのためには、部下に分かりやすい内容にして、繰り返し指導することです。人は、忘れるのです。よって、年に1回は部下の指導が必要です。

当本は、管理職も理解しやすく、部下指導しやすいように構成しております。まずは、コンプライアンスの理解です。7項目記載致しております。次は、具体的に何をしてはいけないのかを20項目掲載しております。具体的、実践的な内容で部下指導に即役立つしかけになっております。

各項目は3部構成にしています。

まずはコンプライアンス項目の説明、次に理解度チェック、回答と回答解説です。管理職、社員ともに利用できるものです。ぜひ、ご利用されることをお勧めします。

質問形式になっており、楽しみながら、考えながら読み進めていくことができます。考えながら読み進めていくことで、ただ読むよりも記憶に残りやすいようになっています。その後解説が記載されており、さらに理解を深めることができます。

今後生かされること間違い無しの一冊です。

 

著者HP:http://upkei.jp/

Twitter:https://twitter.com/upkei1