アーカイブ: 2014年8月

松本零士ギャラクシー対談 Vol.1

thum.jpg
作品詳細

漫画家松本零士の創作の原泉に迫る!

今年、画業60周年を迎えた「銀河鉄道999」等で世界的に著名な漫画家松本零士氏が、ジャンルを超えた各界の第一線で活躍するエキスパートと興味深いトークを交える「松本零士ギャラクシー対談」全10巻シリーズ。第一弾の対談相手は、ゲーム「Dead or Alive」「NINJA GAIDEN」シリーズを世界ヒットさせた日本ゲーム界の雄、ゲームクリエイター板垣伴信氏。松本氏を「私の創作の父」と仰ぐほどの熱狂なファン。この両雄が、幼年期、少年期、青年期のそれぞれの壮絶とも言える体験談を交えながら、どのように創作に向き合って来たのかを熱く語り合う。

ご購入はこちら

あなたには師と仰ぐ人がいるだろうか。

あなたがどんな道を進む人であれ、人が夢を抱き、目標を掲げ、築き上げたいなにかしらがあるのであれば、まずはその道標となるような存在を心に抱いていなければ、描く夢すらボンヤリと霧のように捉えどころのないものになってしまうのではないだろうか。

galaxy5

この「松本零士ギャラクシー対談 Vol.1 」を読んでいると、ふとそんな風に思ってしまった。

今回この対談で、あの「銀河鉄道999」を世に送り出した松本零士と熱く語らい合った板垣伴信は、その点から言っても大変な幸せ者だと言えるだろう。自身もヒット作を繰り出すゲームクリエイターとして活躍中の彼が、子供の頃から作品に触発されて、「人生の父のような」存在であると心に刻んでいた松本氏と、多岐にわたる互いの創作の源泉を確かめ合うことが出来たのだから!

galaxy19

この対談本の魅力は世に名を轟かせる世代を超えた二人のクリエイターが、それぞれの人生における鮮烈な体験をもとに、彼ら自身が実際にどう感じとり、己の血肉としていったのかを生々しいまでの距離感で読み取れることだ。ひとたび二人の対談に目を投じると、彼らのうちに秘めたる創作の宝箱には、世界中を魅了する壮大なストーリーを描き出す表現者の、実に逞しい「人間力」がまぶしい光を放って待っていた。

―「創作は目的意識です。その意味がなければ創作にならない。」そう語る松本氏の目線の先にあるものは何か。

全10巻のシリーズを通して各界のエキスパートと談を交える漫画家松本零士の、画業60周年を迎え円熟を増した境地から語り紡ぐメッセージとは。

全ての表現者、いや生きている我々全てが耳を傾け、彼らを屹立させている「気品」とも言うべき生き様に学びを得たい熱きシリーズの第一弾、ここについに登場である!!

 

松本 零士(まつもと れいじ)

1938年1月25日、福岡県久留米市に生まれる。代表作は『銀河鉄道999』『宇宙戦艦ヤマト』『宇宙海賊キャプテンハーロック』など。SF漫画をはじめとしてとして、少女漫画、戦争もの、動物ものなど様々なジャンルの漫画を描いている。アニメ制作にも積極的に関わり、1980年代には松本アニメブームを巻き起こし、現在の「ジャパニメーション」の礎を築いた先駆者である。2003年画業50周年記念作品『銀河鉄道物語』、2013年画業60周年記念作品『キャプテンハーロック -SPACE PIRATE CAPTAIN HARLOCK-』を公開。著作は世界各国で翻訳され出版され多くのファンを獲得している。旭日小綬章、紫綬褒章、フランス芸術文化勲章シュバリエ受章。練馬区名誉区民。

フェイスブック公式ファンクラブホームページ    http://lmofc.wonder-cr.co.jp

板垣 伴信(いたがき とものぶ)

昭和42年4月1日生まれ。平成4年早稲田大学法学部卒業。平成4年テクモ株式会社に入社。以来、同社が東証店頭公開、二部上場、一部指定替えを果たすまで、常務執行役員としてビデオゲーム開発部隊を率いる。平成20年株式会社ヴァルハラゲームスタジオを設立。ビデオゲーム『Devil’s Third』を開発中。板垣氏の反骨精神は、ゲーム作品にそのまま反映されており、世界中のゲームプレイヤーに共感されている。

代表作品:『デッド・オア・アライブ』シリーズ『NINJA GAIDEN』シリーズ

公式ホームページ

http://www.valhallagamestudios.com/jp/company/cto.html

フェイスブック

https://www.facebook.com/tomonobu.itagaki

【このページの短縮URL】http://queryeye.jp/?p=280


HOT METHOD~あなたがほっと楽になる あなたがもっと成功する30の炎熱論~

thum.jpg
作品詳細

あなたに超重要な「炎熱論」って知ってる?

あなたの人生を熱烈に変える30の処世術。自分を励ましたい方におススメ。書籍には、抱腹絶倒間違いなしのスーツアクションと「炎」を融合した面白写真を収録。笑えて役に立つ、あなたの人生を熱くする一冊。

ご購入はこちら

暑中お見舞い申し上げます。

暑さも盛りの日本列島ではございますが、この男、谷洋二郎にはそんななまっちょろい時節のご挨拶は無用であろう!むしろこの「HOT METHOD~あなたがほっと楽になる あなたがもっと成功する30の炎熱論~ 第1巻」では、そんな酷暑を迎え撃たんとすべく、盛夏に食べる激辛ラーメンのような「迎え暑気」効果もあったり、なかったりなのである!

谷洋二郎第一弾としては、dブックにて「JAPANESE JUMPER」が絶賛お取扱い中なのでありまして、そちらがまだの方にはそちらも併せて是非オススメしたい谷洋二郎シリーズ。前作でも跳びに跳んで無駄に活きのいいアクションを炸裂させた谷が、今回もまた前作以上の暑苦しくもキレのあるアクションとともに降臨なのだ。

今回「HOT METHOD~あなたがほっと楽になる あなたがもっと成功する30の炎熱論」な~んて自己啓発本よろしく成りすまし(!?)、そんなタイトルに惹かれてうっかり仕事や進路で悩んだアナタが藁をもつかむ思いでこの本に手を出したら・・・、

アッチチチチチチッ!!!!

火傷しちゃうよ?奴のアクションと飽くなきダジャレ攻撃に、火傷しちゃうよ?

まさにこれは、炎を共演者に迎えた谷洋二郎の迸るセンスとパフォーマンスが、見る者のハートにチャッカマンで点火するが如く躍動しつつ鼓舞してくれる、超一級の悪ふざけなのである!そしてまた、悪ふざけの癖にちょいちょい魂に響いてくるような「イイコト」も言ってくれちゃっているのである!(じわじわと「深イイ」が来ちゃったりなんかして、思わず二度見してしまうページも多々。)

とにかくこの夏は谷洋二郎の炎アクションから目が離せない!涼しくなればなったで、この「熱い」アクションと「熱い」笑いに、年中ハートはポカポカだ!dブックいちおしの奇才クリエイター、谷洋二郎の熱きメッセージ、届け、君に!!

 

【関連URL】

著者ホームページ:たにちゃんねる http://tani-channel.com/

著者Twitterアカウント:谷洋二郎 https://twitter.com/YojiroTani


JAPANESE JUMPER

thum.jpg
作品情報
著者
ジャンル
シリーズ
価格
100円(+税)
作品詳細

日本一ぶっ飛んだ男現る!?

知らなきゃ損!日本一ぶっ飛んだ男の奇跡!こんな写真見たことない!?スーツ姿のクリエイターが芸術的に日本で飛びまくった躍動感溢れる写真集。写真集に添えたシュールなフレーズが笑いを誘い、シンプルに楽しめる作品に。

ご購入はこちら

と、跳んでる・・・!!!!

何これ、何なのこの躍動感はっ!?

スーツ姿の男の異常なまでのテンションが1ページ目からハートをわしづかみです。いやはや、なんとも楽しい写真集で最後まで一気にページを繰り続けてしまいました。ひとつひとつの写真に添えられているフレーズがまた、「ぷっ」と思わず吹いてしまうこと度々で、うかつに電車やバスなどの公共機関のなかで読んでしまうと恥ずかしいことになってしまいかねません。自宅でよかった。

さて、当然一通り読み終えて気になるのはこの写真集のなかで一貫して跳びまくっているモデルにして作者の谷洋二郎氏である。氏は、著書3冊、LINEスタンプ『爆笑ピクト』がクリエイターズスタンプ人気第2位を獲得するなど、多方面での実績があるクリエイターとして今まさに、じわりじわりと自身のオモシロ帝国の勢力を拡げつつある知る人ぞ知る要注意人物なのだ!なにしろこんなおバカなアクションを、一点の曇りもないどころか暑苦しさが高じてむしろすがすがしいまでの勢いでもって一冊の写真集にしてしまう・・・なんてこと、常人には出来ないどころか思い付きもしないようなプロジェクトなのだから。

とにかく、アレコレ悩まずに見て欲しい!

谷洋二郎のアグレッシブなまでのアクションと、「なんでそんなに満面の笑顔ッ!?」と突っ込みたくなっちゃうような表情のギャップに、ぐいぐい引き込まれていくことはお約束しよう!見なきゃ損、見てみりゃ分かる!日本が待っていた、「奇跡のぶっ跳びクリエイター」の、これはほんの序章である!

 

【関連URL】

著者のホームページ:たにちゃんねる http://tani-channel.com/

著者のTwitterアカウント:谷洋二郎 https://twitter.com/YojiroTani


日本舞踊 絵川流家元 絵川美登里監修 10分でゆかた着れました 女性編

thum.jpg
作品詳細

10分でゆかた着れました!

着付け教室へ通いたいけど時間のない方、雑誌の説明では写真が少なすぎて
わかりづらいという方、細かい説明文を読むのが苦手な方でも簡単に着られ
る浴衣の基本的な着付け、完全写真図解!

失われてゆく日本の伝統美を後世に残したいという強い願いから、礼儀作法・着付け・新舞踊の資格を身につけるための教室を開校している日本舞踊絵川流家元・絵川美登里先生による基本的な着付けの指導をうけたモデルの加藤成実さんが、一人でゆかたの着付けにチャレンジ。

その様子を具体的に、手元の手順まで写真で解説しているので完全にマスターできます。
10分でゆかた着れました。
着付け初心者の方のためのハウツー本、65ページフルカラー。

日本人だもの、花火やお祭りはやっぱり浴衣で。愛犬と一緒にね♪

ご購入はこちら

これは嬉しい一冊です!

なにかと敷居の高い「着付け」。私は恥ずかしながら、いい歳の大人である癖に未だに自分で着付けが出来ないでおります。「未だに」出来ないだけであって、「いつか」「そのうち」出来るようになる予定でありますが、そんなことを言いつつ時は流れ・・・、うかうかしていると今のところ助っ人として大活躍の母、まさかこの歳になるまで母の手を借りて着付けをするとは思っておりませんでしたが、そんな母に頼ることも叶わなくなるやもしれません。

「せめてゆかたくらいは自分で着なさい!!」(←母の声)・・・・・・はい、ごもっとも。

そんな親心を汲み取ってくれたであろうお方が絵川流家元 絵川美登里先生。この先生のご指導のもと、着付けの手順をマスターし、今回この本でひとりでの着付けに挑戦してくれたのが、千葉美少女図鑑出身でモデルの加藤成美さん。

最近では大人よりも10代、20代の若い男女のほうがゆかたに親しんでいるようにも思える夏場。デートに、女子会に、と華やかな色柄ゆかたに身を包んだ女の子が夏の夜をひらひらと行き交うのは日本人としてもなんだか嬉しい光景ですし、その一味に自分自身もさり気なく加われたら・・・、楽しさはいや増すばかり!

それにはなんとしてもこの「日本舞踊 絵川流家元 絵川美登里監修 10分でゆかた着れました 女性編 第1巻」をじっくりと熟読し、ひとつひとつの細かい動作を参考にして、「自分で着れる」を体得することが先決です!なにしろ、着付けって細やかなひと手間で仕上がりや着崩れなども全然変わってくるのですから、そのコツが余すことなくフルカラーでしかもモバイルでいつでもどこでも見ることが出来るのは有り難いかぎりです。(時として着崩れして残念なことになっているゆかた女子もいたりして、ああいうときはどうやって持ち直すのだろうかとハラハラしてなりませんが、この本を持っていればそういったピンチにもうろたえずに済みます!)

さて、そんなこんなでこの夏の花火大会の準備はこれでバッチリ!面倒くさい「美容院での着付けの予約」もさようなら。アナタはお気に入りのゆかたを用意したら、自宅で可憐にゆかた美人に変身するだけなのです!

 

【関連URL】

加藤成美ホームページ:http://profile.ameba.jp/kkyknrm/http://www.bishoujo-zukan.jp/chiba/

加藤成美Twitterアカウント:https://twitter.com/Narumi_kat0

 


わがままミディ

thum.jpg
作品情報
作品詳細

仔猫のミディは、なんでも「イヤ」の年頃、今日はなにが「イヤ」なの?

大人から子どもまで楽しめる絵本。
仔猫のミディは3才。
いたずら、わがまま、元気な子。
おかあさんの言うこときけるかなぁ!
わがまま、可愛い年頃の子ども成長と見守る気持ちを伝えます。

わがままなお顔のミディのイラストにホッコリ、にっこり
ミディを大好きになって下さい。

最後に、葉っぱで遊ぶ遊び方も収録してます。

ご購入はこちら

猫と三歳児は似ている。

絵本「わがままミディ」の主人公、猫のミディはまさしくそれを体現したヤンチャっこ。おかあさんの言うことに「やだやだ」「やだやだ」。ぜ~んぜん、言うこと聞きません。なにしろミディは猫のうえに三歳児なのですから!

そう、「猫」も「三歳児」も、共通するのは「かわいい」ことと「わがまま」なこと。これがねぇ、一筋縄ではいかないものなのですよねぇ!この「わがままミディ」は、そのもどかしさを逆手にとって、楽しい絵本にしちゃいました、とまぁ、そういった作品なのではないかと思うのです。

そして、この絵本の影のキーマンはミディのおかあさん。声だけ(?)出演のおかあさんなのですが、実に「私もこんなおかあさんの子になりたい・・・」なんて思ってしまうほど、大人で優しいおかあさんなのです。「のび太のママ」タイプではなく、「のび太のおばあちゃん」タイプと言ったらお分かりかと思うのですが、そうそう現実でお目にかかれるタイプのおかあさんではない、と、そういう視点で読んでみるとまた違った深いメッセージも読み取れるのです。老婆心で言うならば、子育て初心者で小さいお子ちゃまに対してもキリキリ、キィィ~!!とすぐにやかん、沸騰!!とばかりにヒステリーを起こしがちなおかあさんなどにもオススメしたいような(・・・って、余計なお世話よ!とお叱りを受けそうですが)。その実、10年前の自分に「この絵本のおかあさんを見習って!」と言いたい、というのが正直なところなのです。

おまけについている「葉っぱを使った遊び方」なども、自然遊びが縁遠くなった今のちびっ子やパパ・ママ世代にはかえって目新しいことでしょう。これを読んだら自然の豊かな原っぱを探しに外へ飛び出したくなっちゃうかも。

ちなみにミディは実際に著者の飼い猫ちゃんのようで、こちらでリアルミディの可愛い様子も垣間見ることが出来ます。絵本と併せて是非チェックしてみて!

すべての猫好き、そして今まさにちびっ子を子育て中のママ、はたまたちびっ子だった頃の記憶が未だに鮮明に残るアナタ!この「わがままミディ」がそんな皆様のハートをキュンキュンくすぐること間違いなし!

 

【関連URL】

著者ホームページ:ゴールデンのカノンと猫4匹+1 http://wan1nyan4.blog84.fc2.com