アーカイブ: 2014年11月

幸せを呼ぶ赤い実 独占配信

thum.jpg
作品情報
著者
ジャンル
シリーズ
価格
700円(+税)
作品詳細

母に感謝

両親を事故で亡くした青年太郎が、母が少女時代に大好きだった沖縄の小島を復活させ、自然教育を行い、自然の魅力と心の豊かさを少年達や大人に提供する事業を行う物語。
突然変異によって真っ赤になったサボテンの実が、沖縄から静岡にある太郎の庭に下り立った。その実は、太郎の家でみごとに大輪を咲かせる。その花が大勢の人を集め、やがてその恩恵を太郎が得る。それは、亡き母が太郎のために仕掛けてくれたのだ。太郎は沖縄の荒れ果てた小島に向かう。母の面影を慕いつつ成長する太郎を描いている。

ご購入はこちら

母親への感謝の気持ち、普段の生活の中で忘れてしまっていませんか?

本書はそんな当たり前だけど中々出来ていない感謝の気持ちを思い出させてもらえる一冊です。

交通事故によって突然両親を亡くした10歳の少年太郎。なかなか両親の死を受け入れることがでず、中学生になると、荒れる日々でした。18歳になった太郎の家に赤い実が届きました。その実が沖縄の小島から来たということを太郎に話すのです。

その小島は母が中学時代に遊んだ場所でした。

そしてその実が成長し大輪の花を咲かせます。大勢の見物客が来て、太郎の店は大繁盛になりました。そのお金で太郎は大学に入ることができ、卒業証書を持ち、昔母がいたという沖縄の小島に向かいます。

そこで見たものは荒れ果てた小島でした。

母の面影が残る小島を太郎は必死で回復させるために動きます。母の願い、祖父の願い、太郎の願い、全ての同じ願いを叶えるために。そして、もう大丈夫だからと、感謝の気持ちは何よりの原動力になることを本書は綴ってくれているように思います。

本書を読み終えたアナタは身近で大切な誰かの為に動き始めていることでしょう。

 

【関連URL】

著者ブログ:http://ameblo.jp/f-ujiyama/

著者Twitterアカウント:https://twitter.com/fujiyama2011080


仏像がくれた3か月 独占配信

thum.jpg
作品詳細

親子孫のやさしい心に触れる

人は勘違いで行動することがある。特に高年齢になると耳が聞こえづらくなる人も多くなる。このため、自分の生きる時間を勘違いしたおばあちゃんの物語である。このおばあちゃんの娘や孫が暖かく見守る感動の物語。おばあちゃんもまた、娘や孫を思いやる暖かい心の持ち主。家族愛を中心に、なぞの不思議な仏像との出会いを通して、
面白くも愛情あふれる物語になっています。今一度、家族愛を考えるいい機会になります。

ご購入はこちら

本書に登場する家族は、「一番身近な存在をこれだけ大切にできたらこんな幸せなことはない」なんて思えるほど暖かい家族なのです。

しかし、一度は絶望に落ちた家族、大切な春おばあちゃんが病気で食欲が無い時、孫にもらった親子仏像、これがまた物語の内容から自然と想像してしまう仏像がかわいくてほっこりです。そんな親子仏像に不思議なことが起こるのです。

え!そんなことがあるはずが無い!

しかし、春おばあちゃんはみるみる回復、お礼に新しい仏像を作ります。そして、仏像に自分の残りの生きる期限を聞かされました。

大事な娘と孫を今まで犠牲にしてきたと思った春おばあちゃんは、二人を3か月以内に結婚させることを決めます。その後、自分の命の締めくくりを楽園と決め、南国に向かいました。ところがその命の期限に大問題が、、!春はついに最後だと思い娘に手紙を残します。

家族の暖かさをおもしろ可笑しく、また愛情溢れる物語です。

 

【関連URL】

著者ブログサイト:  http://ameblo.jp/f-ujiyama/

著者Twitterアカウント:https://twitter.com/fujiyama2011080


課長のための 新!人材育成法 独占配信

thum.jpg
作品詳細

部下育成最善の手法

課長になって重要な仕事に組織マネジメントがある。その中でも重要なことは、部下育成である。課長に一番期待されるところでもある。
しかし、部下も個人ごとに特性を持っている。画一的な教育ができる部分と個性に合わせて育成する部分がある。
部署の計画達成、もしくは大きな挑戦を実現させるための手法は、何と言っても部下の能力・行動力を最大限に活用することである。
当書は、育成の基本的考え、段階別育成方法を計画、実行、評価の3段階に分けて詳しく記載している。

ご購入はこちら

管理職になって部下育成で悩む時、一人一人個性があり、尊重しなければいけない、この立場の人にはどんなアドバイスをしたら良いのか、自分はどう動いたら良いのか、そういった状況になったことがアナタも一度はあると思います。

そんな時に本書が手助けになってくれること間違いなしです!

いつも手元に置いて必要な個所を読んでください。もちろん1回読んで終わりではありませんよ。育成内容も経営状況により変化します。育成する対象者も年度ごとに、組織が変わるごとに変化します。このような変化に対応できる部下をいかに素早く育成するか、それが課長の大きな任務です。

事業の大きな転換、グローバル化の進展は、何を基本に人を育てるべきか悩みます。このような時にいつでもどこでも調べることができる優れものが

「課長のための新!人材育成法」

です。

目的、心構えから育成法、指導法そしてタイプ別立場別に分かりやすく説明されています。なにをしたらいいのか、どんなことをしたらいのか。誰かに相談するのも、難しい、そんな時にぜひ、これから課長になる方、現在課長である方、もっと上の立場の方でも、そうでない方も、この本を一度開いてみる価値はあるのではないでしょうか。

 

【関連URL】

著者ホームページ:アップ経営コンサルタント株式会社  http://upkei.jp/

著者Twitterアカウント:  https://twitter.com/upkei1

 


松本零士ギャラクシー対談 Vol.2 北原照久

thum.jpg
作品情報
作品詳細

人生はコレクションだ

今年、画業60周年を迎えた「銀河鉄道999」等で世界的に著名な漫画家松本零士氏が、ジャンルを超えた各界の第一線で活躍するエキスパートと興味深いトークを交える「松本零士ギャラクシー対談」全10巻シリーズ。第2弾の対談相手は、ブリキのおもちゃコレクターの第一人者にして、テレビ東京「開運!なんでも鑑定団」の鑑定士としても知られている北原照久氏。大手企業や行政が文化事業の一環として運営するケースがほとんどの利益の少ないミュージアム事業を、個人経営で成功させている数少ない起業人でもある北原氏と、漫画とアニメで世界的に著名な松本氏が、本当にやりたいことを実現させる為のヒントを熱く語り合う。

人生はまさにコレクションである。
人との出会いに刺激され、喜びが生まれる。
人生というアルバムに、どのような出会いをコレクションするか。
それが、その人の人生の証である。

ご購入はこちら

あなたにもコレクションはありますか?

人との出会いに刺激され、喜びは生まれますか?

これからの人生、どのような出会いをコレクションしていきますか?

mk2

これまでの出会いをふと思い返し、浸ってしまうような、今一度現在の自分と向き合えるような作品ではないかと思います。

ただそれだけではなく、これから先の人生どんなコレクションをしていこうか、いつもは忙しく落ち着いて自分と向き合うことのできないアナタも自分と向き合えるのではないでしょうか。

今回この対談で松本零士と熱く語らい合った北原照久はブリキのおもちゃコレクターの第一人者として歩んでいます。

お二人のこの対談を読んでいると、過去に感謝をし、現在を大切にし、未来を考えていける。アナタも夢を追いかけ続けよう!とフツフツとやる気が湧いてくる自分自身を感じることができるのではないでしょうか。

 

“念ずれば花開く”

 

全10巻のシリーズを通して各界のエキスパートと談を交える漫画家松本零士の、画業60周年を迎え円熟を増した境地から語り紡ぐメッセージとは。

全ての表現者、いや生きている我々全てが耳を傾け、彼らを屹立させている「気品」とも言うべき生き様に学びを得たい熱きシリーズの第2弾、ここについに登場!!

 

松本 零士(まつもと れいじ)

一九三八年一月二十五日、福岡県久留米市に生まれる。代表作は『銀河鉄道999』『宇宙戦艦ヤマト』『宇宙海賊キャプテンハーロック』など。SF漫画をはじめとしてとして、少女漫画、戦争もの、動物ものなど様々なジャンルの漫画を描いている。アニメ制作にも積極的に関わり、一九八〇年代には松本アニメブームを巻き起こし、現在の「ジャパニメーション」の礎を築いた先駆者である。二〇〇三年画業五〇周年記念作品『銀河鉄道物語』、二〇一三年画業六〇周年記念作品『キャプテンハーロック -SPACE PIRATE CAPTAIN HARLOCK-』を公開。著作は世界各国で翻訳され出版され多くのファンを獲得している。旭日小綬章、紫綬褒章、フランス芸術文化勲章シュバリエ受章。練馬区名誉区民。

 

公式ファンクラブホームページ http://lmofc.wonder-cr.co.jp

 

北原照久(きたはら てるひさ)

一九四八年東京生まれ。ブリキのおもちゃコレクターの第一人者として、世界的に知られている。大学時代にスキー留学したヨーロッパで、ものを大切にする人たちの文化に触れ、古い時計や生活骨董、ポスター等の収集を始める。その後、知り合いのデザイナーの家で、インテリアとして飾られていたブリキのおもちゃに出会い、興味を持ち収集を始める。地方の玩具店などに眠っていたブリキのおもちゃを精力的に収集し、マスコミにも知られるようになる。その後、イベントがきっかけとなり、「多くの人にコレクションを見て楽しんでもらいたい」という思いで、一九八六年四月、横浜山手に「ブリキのおもちゃ博物館」を開館。

平成一八年四月より「横浜人形の家」プロデューサーに就任。

平成二〇年三月二〇日、河口湖の湖畔に、河口湖北原ミュージアム“Happy Days”を開館。

平成二二年三月一九日、箱根湯本に、箱根北原ミュージアムをリニューアル・オープン。

現在、テレビ東京「開運!なんでも鑑定団」に鑑定士として出演、また、CM、各地での講演会、トークショー等でも活躍中。

第二四回「二〇〇七年ベストジーニスト」受賞

二〇〇七年度「横浜文化賞」受賞

株式会社トーイズ代表取締役

横浜ブリキのおもちゃ博物館館長

河口湖北原ミュージアム“Happy Days(ハッピーデイズ)”館長

箱根北原ミュージアム“Toys Wonderland(トイズ・ワンダーランド)”館長

主な著書

「横浜ゴールドラッシュ」「夢はかなう きっとかなう」一季出版

「勉強がキライな子どもたちへ 勉強がキライだった大人たちへ」「昭和アンソロジー」ネコ・パブリッシング

「笑話コレクション」「ぼくらの昭和キラメキタイム」「夢の実現 ツキの一〇カ条」アーティストハウス

「ちょっといい漢字」評言社「20世紀広告博覧会 PART1・2」グラフィック社

「出会い」フーガブックス「みんなおもちゃが好きだった」扶桑社他、六〇冊以上

 

北原照久プロフィール:  http://www.toysclub.co.jp/planning/kitahara.html

ホームページ:北原照久のおもちゃ博物館     http://www.toysclub.co.jp/

Twitterアカウント:  https://twitter.com/toysclub

Facebook: https://www.facebook.com/teruhisa.kitahara

 

【本ページ】http://queryeye.jp/?p=378


ねこのミディシリーズ 独占配信 なんか ちがうの?第1巻

thum.jpg
作品詳細

ちがってたっていいじゃない、個性が大事!

ねこのミディシリーズ 第1弾
「なんか ちがうの?」

他の子とちょっとちがうと思ったミディ、
他の子もちがうミディにちょっと冷たい、
そこに現れたのは、元気いっぱいミルクちゃん!
さぁ、ミディはみんなと仲良くなれるかなぁ?

ご購入はこちら

ねこのミディ、「ミーちゃんのしっぽ」「あのね、」「あのね、」「まがっての」

ちびっ子はみんなと違うと不安になるものですよね。

ママたちが気付かないところで悩んでる子がいるかもしれませんよね。

でも、そんな時【なんか ちがうの?】を読んであげれば「違ってもいいんだ、みんなで仲良く遊んだら楽しいんだ」って思えるきっかけになるような、可愛くて元気になれる作品ではないかと思います。

そして、この絵本に出てくる「ミルク」この子がまたかわいい!それと同時にこんな子になってくれたらいいな、なんてまさにちびっこを子育て中のママたちは思える作品なのではないかと思います。

おまけについてる「モデルしょうかい」

ちなみに実際の飼い猫ちゃんのようです。こちら(http://wan1nyan4.blog84.fc2.com)でリアルなみんなを垣間見ることができます。

また、こちら(https://twitter.com/wan1nyan4)ではリアルタイムのみんなが見れちゃいますよ。

そして、、第2弾が気になる!

すべての猫好き、そして今まさにちびっこを子育て中のママ、はたまたちびっ子だった頃の記憶が未だに鮮明に残るアナタ!この「ねこのミディシリーズ 第1弾 なんか ちがうの?」がそんな皆様のハートをキュンキュンくすぐること間違いなしです!

 

ねこのミディが登場するお話は他にもあります。ちょっとわがままミディのおはなし「わがままミディ」も発売中!

 

【関連URL】

著者ホームページ:ゴールデンのカノンと猫4匹 http://wan1nyan4.blog84.fc2.com

著者Twitterアカウント https://twitter.com/wan1nyan4

このページのURL http://queryeye.jp/?p=368